子どもの歯科治療なら蒲田のむしが歯科_TOP > 予防歯科

むしが歯科予防プログラムでいつまでも健全な口腔内環境

むしが歯科予防プログラムとは、その名の通り口腔内のトラブルを未然に防ぐことを目的とした診療項目。定期検診では、虫歯や歯周病の予防処置を行っています。

むしが歯科予防プログラムメニュー

PMTC

PMTCとは、歯科医院で実施する専門的な歯のクリーニングのことです。歯ぐきより上の部分は自宅でもケアが可能ですが、歯ぐきより下の部分は専門器具などを駆使しないとどうしても十分なケアができません。歯科衛生士が、普段のケアでは除去しきれない汚れを専門器具で徹底的に除去します。PMTC後は口腔内がすっきりし、爽快感が得られます。口臭予防にも効果的です。

ブラッシング指導

自分では「磨いているつもり」でも、「きちっと磨けている」状態でなければ意味がありません。日頃の歯磨きの癖などを把握し、正しい歯磨き方法を指導いたします。歯科衛生士がお子様に対して適切な歯の磨き方を教えた後、保護者の方にも仕上げ磨きの方法を指導させていただきます。

フッ素塗布

高濃度のフッ素を塗布し、歯質の強化を図り、虫歯に強い歯にします。特に子どもには効果的で、3~4か月おきに塗布すると虫歯予防が期待できますよ。また、ごく初期の虫歯であればフッ素塗布のみで治癒することも。当院では、小学生まで無料で塗布しております。

シーラント

シーラントとは、奥歯の溝に歯を強化するプラスチック(フッ素徐放性)を埋め込む処置のことです。奥歯は溝があるために虫歯になりやすい歯ですが、シーラントを施すことでそこに食べかすが溜まりにくくなり、虫歯を予防できます。特に6歳臼歯(一番最初に生える永久歯)は周囲の歯より低く、その段差も大きいため、シーラントは効果的です。また奥歯の乳歯は溝が深く、生えかわりも10~11歳と遅いため健康な状態を維持させるためにも必要です。ただし処置後はシーラントが正しく維持されているかどうか、定期的な確認が必要になります。

虫歯菌・歯周病菌のチェック

「位相差顕微鏡」という生きたまま細菌が観察できる顕微鏡を用いて、虫歯・歯周病の原因となっている細菌を特定します。細菌を特定することで、最適な予防計画の立案に活かします。

むしが歯科では、個々の口腔内の状態に合わせて、1~3か月おきに定期検診の受診をおすすめし、これらの処置を行っています。特に、フッ素塗布・シーラントを積極的に行っておりますので、お子様の歯を虫歯から守るためにも、お気軽にお越しください。

自宅ではどんなことに気を付ければいいの?