子どもの歯科治療なら蒲田のむしが歯科_TOP > 審美歯科

白くて美しい歯を

大きく口を開けたとき・笑ったときなどに銀歯が気になる……という方は審美歯科でのセラミック治療がお勧めです。目立つ銀歯をセラミックに変えることで、白く美しい歯を手に入れられます。むしが歯科ではおもに、セラミックを用いたセラミック治療を行っています。

なお、歯全体の着色や黄ばみを改善させたいときはホワイトニングが効果的です。ホワイトニングについては「歯を白くしたい(ホワイトニング)」をご参照ください。

メタルフリー治療とは

セラミック治療など、金属を用いない治療のことを「メタルフリー治療」と言います。保険診療で使われる銀歯(金銀パラジウム)は、安価である反面、金属アレルギーを引き起こすことがあるという欠点を持っています。むしが歯科では、メタルフリー治療を行っておりますのでお気軽にご相談ください。

メタルフリー治療のメリット
  • 金属アレルギーを起こさない
  • 色・硬さなどが天然の歯に近い
  • 歯ぐきの黒ずみを起こさない
  • クリーニングのモチベーションが上がりやすい

2種類の歯科診療

歯科診療には保険診療と自費診療があり、前者は保険が適用されますが後者には適用されません。それぞれの治療内容の違いは以下の表をご参照ください。

  保険診療 自費診療
費用 安価 高額
素材 機能回復のための最低限の素材しか選ぶことができない。 機能回復プラス審美性・機能性に優れた素材を選択できる。
治療法 機能回復を目的とし、見た目・永続性・使い心地は重視されない。 見た目・使い心地向上、予防といった目的を追求でき、高度で先進的な治療が受けられる。

自費診療では当然ながら費用が高くなってきますが、それと引き換えに得られるメリットは金額には変えられないものがあります。ご自分にとって何を重視したいかを熟考した上で最適な治療を選択するようにしましょう。

むしが歯科が取り扱う審美歯科素材

自費診療

オールセラミック

オールセラミック

用途:[詰め物]、[被せ物]

セラミックのみでできた素材。強度があり審美性にも優れますが、稀に欠けることがあります(保証期間あり)

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

用途:[詰め物]、[被せ物]

セラミックとプラスチック樹脂を混ぜた素材。適度なやわらかさがあるので噛み合わせの歯に負担をかけませんが、経年とともに変色・劣化することがあります(保証期間あり)。

メタルボンドセラミック

メタルボンドセラミック

用途:[被せ物]

金属のフレームの上にセラミックをコーティングしたもの。オールセラミックと比べると透明感は劣りますが、耐久性・審美性ともに優れています(保証期間あり)。

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウン

用途:[被せ物]

人工ダイヤモンドとしても使用されるジルコニアにセラミックをコーティングしたもの。透明感と金属に近い強度があります(保証期間あり)。

AGC
(ガルバノシステム)

AGC(ガルバノシステム)

用途:[被せ物]

純金製のフレームにセラミックをコーティングしたもの。天然歯のような色調を再現でき、金属特有の歯ぐきの黒ずみも起こりません(保証期間あり)。

ファイバーコア

ファイバーコア

用途:[土台(支柱)]

神経を除去した歯の支柱となるもの。弾力性があり、歯根を保護する働きがあります。また、セラミックなどの審美性を損なうことがありません。

【e.maxについて】

e.max(イーマックス)は世界最先端のセラミック材料で、高い生体親和性・高い審美性を持つ素材です。強度は通常のセラミックの約4倍。分子レベルで天然歯と接着するので、手入れが行き届いていれば治療箇所から虫歯を再発することがかなり抑えられます。

ワンポイントメッセージ

10年以上経過後のセラミックのツルツル感(=プラークが付着しにくい)にはいつも驚かされます。

歯全体の着色が気になる方はホワイトニングがお勧めです

審美歯科の治療後はメンテナンスが大切です