子どもの歯科治療なら蒲田のむしが歯科_TOP > 矯正歯科

お子様の癖に注意しましょう

お子様と毎日一緒に過ごしていて、よく見かける癖やしぐさはないでしょうか? 指しゃぶり・爪噛み・頬杖などはよくある癖かもしれませんが、実はそのような癖が歯並びや噛み合わせに悪影響を及ぼすことがあるのです。

このような癖は注意が必要です

指しゃぶり

指しゃぶり

指を吸う力というものは思いのほか大きいものです。習慣的に指しゃぶりをしていると、歯並びに影響を与えることがあります。

爪を噛む

爪を噛む

硬いものを常習的に噛んでいると歯や歯ぐきに負担がかかり、これらの正常な発育を阻害する可能性があります。

頬杖

頬杖

頬杖は顎に重圧をかける行為。頻繁に頬杖をついていると、顎が正常に発達しなくなるおそれがあります。

唇を噛む

唇を噛む

上唇・下唇いずれの唇であっても、習慣的に噛むことで顎の関節の影響を与えることがあります。

舌癖

舌癖

口を開けた状態で上下の歯の間から舌を出す・食べものを飲み込む際に舌で歯を押すなどの癖を舌癖(ぜつへき)と呼びます。この動作を繰り返し行っていると、前歯の歯並びが乱れてくることがあります。

歯ぎしり

歯ぎしり

歯ぎしりは歯だけでなく顎にも負担をかける動作。歯並び・噛み合わせに悪影響を与えてしまいます。

食べものを丸飲みする

食べものを丸飲みする

丸飲みすることはつまり「ものをよく噛んでいない状態」と言えます。よく噛まないでいると歯や顎の発達に影響を与えます。

毎日の食生活

毎日の食生活

やわらかいものばかり食べていると、顎の筋肉・歯・歯ぐきの衰えにつながります。適度な硬さのある食べものを食べることは、歯並びや噛み合わせにとっては大切なことです。
指しゃぶりはどうしたら止めさせられるか?

基本的に2歳までの指しゃぶりは問題視する必要はありません。しかし、それ以上の年齢になっても続くようであれば何らかの方法で止めさせたほうが良いでしょう。当院では、「指しゃぶりやめられるかな」という絵本の貸出や、苦みのある成分(バイターストップ)などを活用して、お子様がなるべくストレスを感じず、上手く指しゃぶりが止められるようにサポートしております。

口呼吸は歯並びに影響を与えます

意外に思うかもしれませんが、口呼吸を続けていると、その結果として歯並びに悪影響を与えることがあります。それは口呼吸によって舌の位置が不適切になり、「舌癖」のような直接歯並びに影響を与える癖をするようになるからです。当院ではMFT(※)を行って、舌癖の改善や筋機能の回復を促しております。

※口周辺の筋肉の正しいバランスを作り・維持することを目的に考えられた治療プログラムです。

むしが歯科で行っている矯正方法

床矯正

床矯正

床矯正とは、顎の骨を広げることで歯が並ぶスペースを作り、歯列を整える矯正方法です。装置装着時の痛みが少なく、適宜取り外しが可能。歯磨きなどの邪魔をしないため虫歯や歯周病にかかりにくいというメリットがあります。また、通常の矯正よりも費用を抑えられる場合もあります。

ムーシールド

ムーシールド

ムーシールドとは、反対咬合(受け口)を治療するための方法です。3歳児検診などで見つかった不正咬合は成長とともに改善されることがあると言われていましたが、実際に治るケースは6.5%程度です。そのため、なるべく早期にこのような装置で治療を始めることが大切だと言えるでしょう。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は矯正治療の中でももっとも一般的なものです。ブラケットの種類はメタル(金属)・セラミック(半透明)・クリア(透明)と種類があります。ただしメタルは外から目立ち、セラミックやクリアは目立ちにくいという特徴があります。なお、ワイヤー矯正は成人してからでも使用可能ですので、歯並びの気になる保護者様はお子様と一緒に治療してみるのも良いかもしれません。

リンガル

リンガル

リンガルとは、歯の裏側にワイヤーやブラケットを装着する矯正方法。裏側に装置が付いているため外からは見えず、矯正治療をしていることを周囲からほとんど気付かれません。ただし、矯正期間は通常のワイヤー矯正より長くなり、治療費が高い・装着時の違和感があるなどのデメリットがあります。なお、リンガルは成人してからでも使用可能ですので、歯並びの気になる保護者様はお子様と一緒に治療してみるのも良いかもしれません。

ワンポイントメッセージ

以前に比べて歯並びの重要性が認知され、治療する方が増えています。ひどくなる前にまず相談を!

むしが歯科医院の矯正治療は、専門医(日本歯科矯正学会 認定医)である洲﨑 雄介が行っております。相談は何度でも無料です。矯正治療に関して不明な点はお気軽にご相談ください。 矯正担当医の洲﨑は、指導者としての実力がありながら、非常に優しく、むしが歯科では大変信頼をおいています。大人だけではなく、お子様やご家族からも好評をいただいており、むしが歯科にはなくてはならない存在です。