子どもの歯科治療なら蒲田のむしが歯科_TOP > 虫歯治療

虫歯治療はお早めに

多くの方がかかったことのある虫歯ですが、そのしくみや原因について詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。虫歯とは、お口に棲む虫歯菌が食べかすに含まれる糖分を栄養源として酸を作りだし、その酸によって歯が溶かされる病気です。直接の原因は虫歯菌が出す酸ですが、そのほかにもさまざまな原因が重なることで虫歯が発症します。

糖分

糖分

虫歯菌のエサである糖分がお口の中に残っていると、虫歯菌の活動が活発になり、歯を溶かす酸が多く産出されます。

だ液量

だ液量

だ液量が少なくなると、虫歯菌が繁殖しやすくなると同時に「歯の再石灰化」が阻害され、虫歯にかかりやすくなります。

食後の時間経過

食後の時間経過

食後30分以上経過してくると虫歯菌が活発に活動し始めるため、虫歯にかかりやすい環境になってしまいます。

虫歯の進行段階と治療法

※画像をクリックすると詳細が表示されます

進行段階 症状 治療法

C0【ごく初期の虫歯】

C0【ごく初期の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
進行段階 症状 治療法

C1【エナメル質の虫歯】

C1【エナメル質の虫歯】

エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
進行段階 症状 治療法

C2【象牙質の虫歯】

C2【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
進行段階 症状 治療法

C3 【神経まで達した虫歯】

C3【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
進行段階 症状 治療法

C4 【歯根まで達した虫歯】

C4【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やインプラントで失った歯の機能の回復を図ります。

重度の虫歯治療~根管治療~

当院では、できるだけ「神経を抜かない」治療を心がけていますが、虫歯の進行が神経にまで達した場合、神経を抜かざるをえなくなります。その場合、大切な歯を残すために根管治療を行います。根管治療とは、歯の根の中にある根管から神経や血管を除去し、その後洗浄・消毒を行い根管内に薬物を充填して最後に被せ物をして歯の機能回復を図る治療です。

※画像をクリックすると詳細が表示されます

根管治療はいわば「建物の基礎工事」のようなもの。どんなにきれいな被せ物をしても、基礎がしっかりしていなければ意味がありません。しっかり噛める歯を維持するために、当院では精度の高い根管治療を行っています。

【知覚過敏について】

知覚過敏について

虫歯ではないと言われたのになぜか歯がしみる……という場合、知覚過敏が考えられます。知覚過敏とは、歯の表面(エナメル質)が薄くなり、神経に近い象牙質が露出することで痛い・しみるといった症状が出現します。厳密には虫歯ではないのですが、虫歯と同じ結果になります。原因は以下のようなものが挙げられます。

歯ぎしり・食いしばり 歯ぎしりや食いしばりは、歯に大きな力を加えてしまうためエナメル質が削れてしまう原因になります。なお、就寝中の歯ぎしりなどはナイトガードを装着することで改善させられます。
強すぎる歯磨き 強すぎる力で歯磨きをしてしまうと、エナメル質を摩耗させてしまいます。時間が長すぎる歯磨きも注意しましょう。
硬すぎる歯ブラシ 硬い歯ブラシで歯を磨くと、エナメル質にひびが入ることがあります。適度な硬さの歯ブラシを選びましょう。
歯周病 歯周病などで歯ぐきがやせてくると、エナメル質を持たない歯の根っこ部分が露出してしまい、知覚過敏を起こすことがあります。
酸を含む飲食物 レモンや酢などは摂りすぎるとエナメル質を徐々に溶かしてきてしまいます。適度な量を摂取するようにしましょう。
過剰なホワイトニング 歯を白くするホワイトニングを何回も行うと知覚過敏を招いてしまうことがあります。

ワンポイントメッセージ

痛みがひどくなってからでは手遅れです。早めに診てもらうその勇気がカギです。

虫歯対策は予防から! 定期的に予防歯科を受診しましょう

治療後銀歯にしたくないという方は審美歯科治療がお勧めです